実印は、偽造をされないようにするのがとても肝心です

印鑑

業者によって保証年数が異なる

実印は、印影がとても大切です。そもそも役所などに届け出た印影は、変更などは許されないものです。特に金融機関などに印鑑を届けるとなると、その傾向が顕著なのです。以前に用いていた印鑑と印影が変わってしまいますと、様々な手続きが進められなくなってしまう事があります。それでは、もちろん不自由をしてしまうでしょう。このため印鑑は、原則的には大事に使う必要があります。くれぐれもそれが欠けたりしないよう、気をつけた方が良いのですね。
ですがどれだけ注意深くそれを使っていても、一部が欠けてしまう可能性はゼロではないでしょう。それでは印鑑を使う方々としては、少し心配ですね。その場合は、印鑑会社による保証年数を重視するのも一法です。例えばある業者によって、とても良い印鑑を作ってもらったとしましょう。ところが長らくそれを使い続けてしまった事により、一部が欠けてしまったとします。それで捺印が困難になってしまうケースも、稀にあるのですね。ところが保証期間内ですと、印鑑会社が無料で再作成を行ってくれるのです。その期間も、それぞれの会社によって異なるのですね。10年程度の会社もあれば、20年や30年など様々です。ですのでその年数などは、印鑑業者を選ぶ基準の1つになり得るでしょう。

トピックス

更新情報

2016/07/04
実印についてのことを更新しました。
2016/07/04
実印を使うときを更新しました。
2016/07/04
業者によって保証年数が異なるを更新しました。
2016/07/04
実印の廃止についてを更新しました。