実印は、偽造をされないようにするのがとても肝心です

印鑑

実印についてのこと

実印というのは、役所に登録している印のことをいいます。実は自治体ごとに微妙に制限が違ってきます。大きさに関することは特に違うことが多いですから、作ろうとしているならばまずはそれを確認したほうがよいでしょう。但し、一般的なサイズの印鑑であれば基本的には問題ないです。実印にするのであればまずは手掘りにするべきでしょう。これが最も偽造がされにくいからです。同じ物を作る、ということができないからです。もちろん、不可能というわけではないですが、基本的に困難になります。その為、少しでもしっかりとした手掘りの所を見つけるべきです。今はとても良い方法があります。
それがインターネットを利用することです。印鑑屋が既にインターネット上でかなり商売をしています。お金がかかることになるわけですから、少しでも良い所を見つけたいと考えるのは当たり前であるといえます。印材や印影に拘るためには、十分に吟味する必要があります。それによって、実印がとても使いやすくなります。安心して、印間登録ができるようになりますから、まずは印影に拘るべきでしょう。印鑑、特に実印ではとにかく偽造をされないようにするのがとても肝心であるからです。

トピックス

更新情報

2016/07/04
実印についてのことを更新しました。
2016/07/04
実印を使うときを更新しました。
2016/07/04
業者によって保証年数が異なるを更新しました。
2016/07/04
実印の廃止についてを更新しました。